マーケティングとは?

世界経済が本格的な不況に突入し、「モノが売れない」と嘆く企業は多くなりました。果たして「不況=モノが売れない」と思考停止に陥ってもいいものでしょうか?

周囲を見渡せば確かに売上を上げることに苦しむ企業が多く存在する一方、不況下においても順調に業績を上げている企業も存在します。確かに不況時代は消費の全体的な量が小さくなってきます。マクロ経済的に見ると売上は縮小均衡となりますが、消費が全くなくなることはありえません。
不況の時代は生活者の消費にかける予算が少なくなるので、無駄な買い物をしないように購入対象の商品やサービスに優先順位をつけ、予算の範囲内で優先順位の上位にあるものから購入していくことになります。ここで、好況時であれば買っていたかもしれないものでも、購入の基準が上がっているだけに優先順位次第では「今は我慢」ということで購入に繋がらないという事態に陥ります。そこで不況時には購入対象から多くの商品やサービスが外れた結果、一部の製品は売れないということになるのです。

それでは、自社の商品やサービスを優先的に購入してもらうにはどうすればいいのか? その重要な鍵を握るのが「マーケティング」ということになります。

巷では「市場調査のことだ」「テレビや新聞、雑誌などで商品やサービスを宣伝することだ」など、マーケティングに関して実に様々な印象が持たれています。それ自体間違いではないのですが、マーケットリサーチやプロモーションなどはマーケティングの一部の機能であって、全体を表している訳ではないのです。それではマーケティングとは一体どのようなものでしょうか?
日本でマーケティング活動の研究や調査を行っている日本マーケティング協会によれば「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」と定義しています。
このような定義を目にすると「マーケティングってやっぱり難しいんだな……」と感じる方もいるかもしれませんが、マーケティングの本質は実のところ非常にシンプルです。
マーケティングとは、「儲け続ける仕組みを作ること」。
この言葉にマーケティングの本質が凝縮されています。ただ、ここで重要なのは儲け続けるのは自社のみでなく、顧客も儲け続けなければいけないということ。つまり、マーケティングとは、自社と顧客の間にWin-Winの関係を永く築く仕組みと言い換えることができるのです。

企業は、顧客にコスト以上の価格で商品やサービスを提供することによって利益という儲けを手にできます。顧客は商品やサービスに対して代金を払っても、それ以上の価値が得られれば儲けたという満足感を得ることができます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*