フランチャイズビジネスのメリット

何か自分でお店を開業してビジネスをしようと決めたら、まずお店の名前を決めなくてはいけないですし、さらには商品の仕入れやその商品の配置を決めたり、備品を揃えたり、看板を作成したり等、とにかくやらなければいけないことが盛り沢山です。そして、そういった準備を経て、いよいよお店をオープンさせても、今度は開店当初は、自分のお店の知名度は皆無に等しいため、チラシを作ってそれを配布しなくてはいけないです。以上のように、自分一人で行うには、相当覚悟を持って行う必要があります。ところが、フランチャイズビジネスならば、上記のほとんどのことを支援してくれますので、かなり楽にお店をオープンさせることができるメリットがあります。そして、集客もすでにフラチャイズのお店というのは知名度が世の中に知れ渡っているため、ある程度のお客を開店当初から見込めるというメリットもあります。

フランチャイズのメリット

様々な業界において、フランチャイズビジネスがあります。こうしたビジネスのメリットは、いくつかあります。まず1つ目は、全くの未経験でも、フランチャイズ本部からの徹底した研修制度があるため、未経験からでも始めることができます。2つ目は、最初から知名度がありますので、お客をお店をオープンした時からある程度の集客があります。お店の知名度は集客にかなり影響するため、この知名度があるというメリットは、かなりお店をオープンさせる時には重要な要素となります。3つ目は、お店をオープンした後も、フランチャイズ本部から様々な経営のためのサポートを受けられることであります。オープンしたら、あとは自分で全て経営していかなくてはいけないということではなく、オープンした後もどうやって経営をうまくしていくかなどのサポートを受けることで、廃業する確率がかなり減らせます。

コンビニをフランチャイズで始めるメリット

コンビニを自分で立ち上げる際には、かなり大変です。まず、お店をオープンさせるための土地と建物を用意しなくてはいけないです。コンビニで成功させるには、立地条件が良い場祖である必要がありますが、そうした立地条件を見つけるに一苦労します。また、コンビニをオープンさせるには、商品を用意しなくてはいけないですが、店内に置く商品は、約3000品目くらい必要です。それらの商品を各々のメーカーや問屋などから仕入れる必要があります。それらを全部一人で交渉しなくてはいけないです。つまり、かなりコンビニを自分で立ち上げることは相当大変だということです。したがって、コンビニはフランチャイズビジネスで始めた方がメリットが大きいです。フランチャイズならば、世間的に知名度が高く、また店舗立地の良否など、事業の様々な面においてフランチャイズ本部からアドバイスを貰えます。さらに、商品の仕入れルートの確保もその本部がしてくれますので、圧倒的に自分一人でコンビニを立ち上げるよりも楽です。